お知らせ

宮崎県水産物ブランド品第3号認定「門川金鱧」

<< 宮崎県水産物ブランド品ハモの豆知識 >>ハモのレシピ >>

 

○目 名 ウナギ目 ○科 名 ハモ科
○学 名 Muraenesox cinereus
 門川町は、日向灘に面した宮崎県北部に位置する漁業が盛んな町です。
京都の夏を彩る祇園祭は、別名「鱧(ハモ)祭り」と呼ばれ「ハモと言えば京都」と思っている方が多いと思いますが、実は日向灘でも多く漁獲されています。
「門川金鱧」は、主に底 曳網や延縄で漁獲されます。6~8月が最も盛んに漁獲されますが、小型底曳網漁業では周年漁獲されます。傷みを避けるため底曳網の操業時間を極力短くし、 規格は400g以上1kg以下のものと定められ、紫外線殺菌した海水で4日間以上蓄養したもののみを「門川金鱧」と命名したものです。

 

 県水産物の中で一定の基準を満たした優れたものをブランド品として認定した商品PR・普及するためブランド認証マークを定めました。この認証マークは認定された商品しか使えず、ブランド品では箱、パーチ、シールなどに効果的な使用が可能です。

■コンセプト
 豊かな宮崎の海(波)と活きの良い魚がモチーフです。
手書きによる波のパーツは「海」「波」「船」を表現しています。ブルー系のカラーリングは、爽やかさと安心感・清潔感を印象づけます。
幅広い年齢層を意識し大人から子供まで受け入れられるよう考慮しています。

 

<< 宮崎県水産物ブランド品ハモの豆知識 >>ハモのレシピ >>

ブランド協議会だよりバックナンバーはこちらで確認することが出来ます。