門川金鱧

目名 ウナギ目
科名 ハモ科
学名 Muraenesox cinereus

門川町は、日向灘に面した宮崎県北部に位置する漁業が盛んな町です。 京都の夏を彩る祇園祭は、別名「鱧(ハモ)祭り」と呼ばれ「ハモと言えば京都」と思っている方が多いと思いますが、実は日向灘でも多く漁獲されています。 「門川金鱧」は、主に底曳網や延縄で漁獲されます。6~8月が最も盛んに漁獲されますが、小型底曳網漁業では周年漁獲されます。傷みを避けるため底曳網の操業時間を極力短くし、規格は400g以上1kg以下のものと定められ、紫外線殺菌した海水で4日間以上蓄養したもののみを「門川金鱧」と命名したものです。

門川金鱧が旨い訳!

hamo